しごき染

「京小紋」は、小紋という型染の技法を用いた友禅染です。
その歴史は1200年前に遡り、江戸時代の武士の裃(かみしも)に端を発して広まりました。
明治初期よりライフスタイルの変化や化学染料の輸入により、「京小紋」は単色から彩色へと変化し、染色技法を向上させてきました。
小紋とは、普段着として手軽にご着用いただける着物です。
型染を使用した、京小紋の地色を染めるために「しごき染」を行います。
模様が細かければ細かいほど、高度な染色技術が必要とされます。
京友禅と影響しあいながら、小紋という型染の技法を用いた京小紋として独自に発展し、経済産業省指定伝統的工芸品(1976年~)に指定されました。
型染の地色を染める染色技法である「しごき染」は、駒ベラを使用し染料の色糊をしごくように染める事から、「しごき染」と言われています。
戦後より「しごき染」は、蒸し工場で行われるようになりましたが、現在、蒸し工場で行っているのは、当社1軒だけになりました。

京小紋の工程

白生地を、友禅板に貼り付け、型紙の上から駒ベラで防染糊または色糊を付け、生地に模様を写します。
そして、地色を染めるための「しごき染」を行い、蒸して、水洗いします。

図案

型彫り

色合わせ

型置き

地染め

蒸し

水洗

湯のし

完成

当工場で行っている「地染め(しごき染)」「蒸し」「水洗」の工程

地染め(しごき染)

型紙を使用し、防染糊を置き地色を染めます。地色を染める技法には引染としごき染があります。刷毛を使用する引染は、反物の裏まで染まりますので、繊細な柄の型染の場合、柄が潰れてしまいます。繊細な柄を染める場合は、しごき染が適しています。

蒸し

染め上げた反物を濡れたまま100℃にもなる蒸し箱に入れて蒸し上げます。そうする事でより美しく染料が発色し、定着します。

水洗

反物についている余分な染料や糊を落とすために、水洗します。かつては鴨川などで行われていた友禅流し。現在では環境への配慮から、工場内に人工川を作り行っています。当工場では、京都で育まれた桂川の伏流水を使用しています。清らかな水は、美しい発色の反物を仕上げます。
「しごき染」は分業制の京小紋にて、かかせない工程です。分業制には、その技術に特化することができ、安定的な生産が行え、完成品の質も高いメリットがあります。蒸し工場で「しごき染」を行う事によるメリットはとても大きく、染め上がったばかりの濡れた反物を、すぐに蒸し上げる事で、通常の反物よりも、より美しい発色が得られます。これを「濡れしごき」と言います。 当社では、しごき染の後工程、蒸し、水洗、湯のし、乾燥の工程を承っています。

当社が大切にしている取り組み

品 質

温度、湿度、生地・染料の種類など 日々変動するあらゆる条件に応じて創意工夫いたしております。

信 頼

特殊な染め方によって蒸し加工の難易度の高い商品でも 創意工夫によって最良の商品をお届けして参りました。 必ずや御納得いただけると確信しております。

小ロット対応

様々なお客様に対応できるよう、小ロット対応も行っております。
お気軽にお問合せ下さいませ。

広海で働く人
たくさんの職人が各工程に携わり、職人と職人の連携によって一つの反物が出来上がります。

>> 社員インタビューはこちら

何でもご相談下さい。
蒸し・水洗・揮発水洗・防縮加工・地入れ、その他… TEL:075-312-8895 FAX:075-321-2580 (平日10:00-17:00)

>> ご相談はこちらから